無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログむら

すい臓

心筋症

人気ランキング


« 母と宗教とわたし | トップページ | 焼きそば »

母と宗教とわたし②

あくまでも 私の 考えです

信仰を否定する わけではありません
 
信仰はそもそも 自分を
高めるものだと思ってます
 
人は弱いです
何かに すがりたいのです
お題目唱えると 落ち着くのです
それは 自己催眠であっても
いいんです 落ち着くのであれば...
 
本来 宗教は お金をいらないはずです
ただただ 心の拠り所なはずです
実際は お互いに 相手の 信仰を
なじるだけです
そんな 人間にならないための
信仰じゃないの.......
挙句の当て
 
こんことがありました
前の会社をやめて ある仕事を
派遣で することになりました
仕事先で ある 事業所で
データ整理の作業をすることになり
派遣先の社員と 一緒に その事業所に
向かいました その時は そんなやつでは
と思ってましたが これが とんでもないやつでした
 
コピーとか スキャンとか 一歩間違うと
情報漏洩になりそうな 作業もあり
最新の注意を払ってました
実は
事業所のある 地元の女子アルバイトの
方との 休みを巡って ちょっとした
トラブルがありました
注意しただけですけどね
 
ところが ある日 派遣先の あのクソが
『〇〇さん ちょっと』
『このまま 帰りましょう』
なんと 私が 情報漏洩したとの 疑い
コピー用紙に使った 裏焼きの用紙が
漏洩だと.....  実は  事業所の担当者の
方に確認をとってた用紙だったのです
 全く 身の覚えが ありません
担当者に 目線を写しても
知らんぷり って言うか 気にしてるようでしたが
何も 言ってはくれませんでした
 
あとで わかった事ですが
女子アルバイトの 逆恨みでしょうか
チクったみたいです
『あの人 やだ』って
派遣先に 帰って 社長に
烈火のごとく 叱られました
結局 あとで 私に 落ち度がないことが
わかり  社長は 逆に
『訴えようか』ってことに ... が
それは なしに なりました
 
しかし この件に
片棒を担いだやつが
いたのです そうです 派遣先の社員でした
片棒担いだってよりは 漏洩ってチクったのは
こいつだったのです
その時は まだ こいつが 犯人だとは思ってなく
私は 人間不信に陥り そうとう凹みました
そいつは そこに 入り込み いいところがあります
と自分が信仰している ある団体へと .....
 
ちょっとだけ 足を突っ込みましたが
結局は やはり 違和感を感じ 離れました
その中で 最初 入会時の 手続きはと
聞いたことが ありましたが
私が 派遣先に来た時点で 自分で
お金払って 手続きをしてたのです
そうです 私が 派遣先に 入った時点で
獲物を 狙ってたのです
誘い込みです 入会ノルマです 
 あえて 団体の名は伏せますが
 こんなもんです
 
人間として 最低です
こんなん ならないようにの
信仰じゃないの? 
 
人間社会の縮図です
ちっちゃい集まりの中で
上に媚びて 成績には 手段を
選ばない 
誰も 本人を否定しない 
『そうだね そうだね』って
言ってくれる
 
 誰かに 信仰を否定されると
目の色が変わる
そりゃそうだ 自分を おのれそのものを
全面否定されるのだから....
 

それよりも
そんなのに 引っかかった
自分が 一番 バカです
強い精神を持たなきゃならんのは
私です
 
信仰そのものは
苦しさに耐え 悲しみをこらえ
自分を 高める ものだと思ってます
 
どうぞ 私みたいに アホな
ことに ならないように....
(多分 大丈夫だと思う)(^_^)
なんか 自分擁護だけだね あはは
 
あくまでも 特定の信仰はしませんが
先祖は敬います
 
私は 母に 信仰に関しても
協力していきたいと思いますが
もう 会うことはありません
神にも仏にも お願いはしませんが
母には ずっとずっと 長生きして
ずっとずっと 幸せで いて欲しいです 
頑張って きたもの.......
 

« 母と宗教とわたし | トップページ | 焼きそば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549620/66827423

この記事へのトラックバック一覧です: 母と宗教とわたし②:

« 母と宗教とわたし | トップページ | 焼きそば »