フォト
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログむら

すい臓

PanCafe

pancafe QRコード

  • pancafeへようこそ
    pancafe

心筋症

アマチュア無線

人気ランキング


« オタクな趣味 〜船舶編〜 | トップページ | 無線復活 »

 オタクな趣味 〜GPS編〜

『 GPS』

Global Positioning System
全地球測位システム
一番みじかなのは
カーナビじゃなく
いまや スマホ
Dsc_4790
 
ひだりが ハンディGPS 
ガーミン GPS12XL
主に 山歩きのときそのトレッキングの
軌跡をパソコンに取り込んで
遊んでいた。
New2
DAN杉本さん カシミール3Dにて作成
あっ へんな 軌跡も 残ってる
ま いっか
 

赤色が 仙台行きの フェリーに
乗船した時 取った GPSの軌跡
途中で切れてるのは 電池切れ
   
また
こんなん風に ここ① とか ここ②
ソフトは  こんなソフト ここ③
『カシミール3D』素晴らしい ソフト
山歩き される方 おすすめ
 
またこんなことも してました
ここ④  ミニノートパソコンに
GPS機器をつないで 
地図ソフト インストールして
簡易カーナビ。
もちろん 本物の カーナビには
かないません。 遊びです
 
もともと軍事用にアメリカが
打ち上げたやつを 利用してたが
いま 日本も『みちびき』を
打ち上げた
昔 あの中東戦争で アメリカは
故意にGPSを狂わした
敵も そのデータを利用してたからで
ある その時 自分のGPS機器も
数百メートル狂った時がありました
戦争を ちょっとだけ みじかに
感じた 時でした。
 
ハンディGPS購入で の
エピソード
ガーミン GPS12XLは輸入販売でした
サイトでみつけた 英語の注文書を元に
アメリカに 注文書を送りました
一向に送られてこない ので
催促したら 『OK 送ります』って
ろくに 配送状況を調べないで
再発送。
実は 1個目は 国内に届いてたのです
結局 手元に2個。
このまま もらっておこうかと
思いましたが 後から 犯罪者に
なるのも嫌なので 返却
GPS仲間(その頃 NIFTYの
FGPSというフォーラムに入ってました)
聞いたら 海外では よくある との
ことでした。欧米人は そんなもんだと。
 
前の会社やめて 2年ぐらい ぶらぶら
している時 山歩きしました
その時 ハンディGPSと無線機は
必需品でした
 
今は オブジェです
オークション出品しようかな
誰も 買わないな(゚ー゚;

« オタクな趣味 〜船舶編〜 | トップページ | 無線復活 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

カシミール3Dですか。私も写真撮影用に利用していましたよ。今でも使えるのかしら。太陽がこの方向に来れば、山の稜線がちょうど良い具合になって・・・などと、事前にシミュレーションしてから出かけていました。
Niftyのフォーラムも懐かしいですね。私はFQC(品質管理フォーラム)に入っていました。一時サブシスオペ(これも懐かしい言葉です)をやったこともあります。
当時のことを少し書いた記事です。
https://cancer-survivor.jp/2011/04/1220.html

ピーーガーーの音響カプラの時代から見ると、別の世界ですな。

キノシタさん  こんにちは
カシミール3D今も 進化してます 昔は国土地理院の地図データ購入してたけど
今は ネット環境さえ整ってれば  起動後無料で地理院のデータが使える(一部有料あり)

 懐かしー〜〜〜ーい あの画面 今 クリックひとつでなんでもできるけど
あの頃 ワクワクドキドキ 私は EPSON 互換機 フロッピ5インチ フォーマットがトイレから戻ってきても
まだやってる  一 太郎も 1枚目入れて2枚目に入れ替えて  なんて時代。
そうです 常時接続じゃないんで  ゆっくりしてられない
そもそもが 全てが プロンプト。
FGPSのほか FMIDIに入っていて  DTMにはまりました
 
FQC(品質管理フォーラム)って  私も会社でやってたQCサークルってのと おんなじでしょうか
それも また懐かしい

もうここでは 書き入れない
 
記事読みました
チェルノブイリでもびっくりだったけど
まさか 福島が あーなるとは
それでも 動かすんだね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549620/66795802

この記事へのトラックバック一覧です:  オタクな趣味 〜GPS編〜:

« オタクな趣味 〜船舶編〜 | トップページ | 無線復活 »